日別アーカイブ: 2008年6月19日

バンコク夜のひとこま

今日は午前中暑かったです。お日様いっぱいでした。
おかげさまで体調も良くなり、今日は今週初めての外出、ピアノのレッスンに行って来ました。
全く練習していないので、英語で言い訳をした後は
先生の英語と私の「えっ、まってまって」「どこ?」「なに、これ!?」など動揺の日本語の混じった
楽しい(?)レッスンでした。
おばちゃんも体のことを心配してくれました。
みんなありがとう。
 
さて、Thai報告。今日は夜編です。
バンコクの夜、といえば有名なのは・・・なんでしょう?
ナイトマーケット、ショーパブ?
 
私たちはバンコクで過ごした2晩ともパッポン通りにいました。(笑)
パッポン通りは歓楽街。夜になると露店が立ち並び、ナイトマーケットとなります。
たくさんのナンちゃって商品や素敵なものが売られ楽しい買い物もしたのですが
みんなが「きれいだよー、びっくりするよ」と口を揃えるニューハーフにも興味津々で
初めの晩、リクエストしてカウンターバーのようなところに連れて行ってもらいました。
目の前のお立ち台にはきれいな「おねえさん」達。
ビキニ姿でリズムに合わせて踊っています。
お顔立ちもすらっとした足も本当にキレイ!
ビール1本、飲むか飲まないかくらいでさっとスマートにお店を出ました。
ある意味、感動すらしました。
 
翌日、osimくんの同僚の女の子達と合流しました。
前の晩の感動を彼女達に語りました。1度見ておくのもいいよ・・・と。
すると案内をしてくれていたP氏が連れて行く・・・と。
ショーなんだって・・・、と高まる期待。
そんな訳で2晩続けてパッポン通りへ。
ところが、P氏御用達の店が閉店中。ならば・・・と近所の店となにやら交渉。
「OK、let’s go」
えー・・・、なんだか細ーい通路を入っていくよ・・・
こわいよー、
階段を上がっていくとますます怪しい雰囲気に。
女性陣の期待の笑顔は困惑の薄笑いに変わり、「先にいってぇ」と先を譲り合う始末。
そして、恐る恐る中に入ると・・・
 
あとは、ご想像にお任せします。
店を出た後、osim君と私は女の子たちに「ごめんねー、昨日のはもっときれいだった」と謝りました。
私ですら(笑)ショックが大きかった・・・。
「悪い夢だと思って、もう忘れましょう!」と励まされました。(笑)
P氏婦人は「私も最初はショックでした」と平気な顔。
えー、そうなんだー・・・。あれが・・・。
 
でも、貴重な体験させてくださって、ありがとうございました。
バンコクの夜のひとコマ・・・でした。