日別アーカイブ: 2008年6月22日

本屋さん

今日はもやもやとはっきりしない天気。先ほどから雨が降り出しました。
 
今日はお肉や食料品を買いにスリアKLCCに行って来ました。
高級品から日用品まで、いろいろなものがあります。
高級時計店で「これ1つで車2台買える!」とか、庶民の目でぶらぶら・・・。
 
ここには日本の「紀伊国屋書店」があります。
何度か行ったことがありますが、
大きい本屋で品揃えがすごい、日本の本は倍くらいの値段がする・・・くらいの知識しかありませんでした。
そして今日は初めて「日本書」のコーナーに行ってみました。
(今まで日本より高いと知っていたから買う気は無く行ったことがなかった)
驚きました。
すごい品揃えです。
雑誌から新書・文庫、趣味の本まで多種多彩。
楽譜なんかも売っていました。
へー、こんな本、あるんだ!というようなマニアックなものまで・・・。
お料理の本なんて、ダーと言う感じで並んでいます。
私の地元の本屋より充実しているんじゃないだろうか。
 
ただ値段は確かに日本の定価よりはるかに高いです。
(500円くらいの文庫本が1000円くらい)
今まで日本に帰ったときにあれこれ買ってきたけど
「お金さえあれば、なんでもあるんだな」と改めて思いました。
 
その後、日系デパートの食料品売り場へ。
なんでもある・・・。
今日は「伊豆わさび味噌」と言うのを買ってしまいました。
お目当ての山芋が無かったのは残念でしたが、
大葉も買えたし、厚揚げも購入。
おせんべいも数ある種類から選んで買いました。
 
日本の食品が安全と思われているようで
日系の食品を扱う店やコーナーで中華系や欧米系の人が買い物しているのを良く見るようになりました。
特にお金がある中華系の富裕層は好んで日本製品を購入するようです。
日本製品も日本人相手だけの商売ではなくなっているんですね。
 
本当になんでもあるんだな・・・。
改めて感じた今日のお出かけでした。