日別アーカイブ: 2008年9月11日

カワセミ

そうそう、書き忘れましたが
今朝もさる1匹みました。
それからきれいな空色のカワセミ。
キキキキ・・・みたいな大きな声が聞こえるので窓の外を探していたら発見しました。
嬉しい♪
ラマダンのせいか、工事がお休みだから動物たちが来てくれるのかもしれません。

逆ナンパ、それとも勧誘・・・?

今日はピアノ。
頑張って練習した甲斐あって(プラス先生の温情)2曲は終わりました。
その帰り、カフェによって友人知人に手紙を書いていたときのことです。
 
斜め前方の席にヨーロッパ系の中年男性が一人で座っていました。
とてもスリムな人です。
時々ちらっと視界に入ると、なんだかとても淋しそうに見えてちょっと気になりました。
すると、なんと涙をぼたぼたと落としたではありませんか!
すごく痩せてたんで、不治の病を宣告されたのかしら?とかいろいろ想像してしまい余計に気になってしまいました。
手紙を書き終えて、そろそろ帰ろうか?と思ったところちょうど目が合ってしまいました。
声は出さずに「are you OK?」と口が自然に動いてしまい(独り言のように)
それに気づいた彼がこちらによってきました。
 
大きなお世話なんだけど、せっかく彼が来たので
「大丈夫ですか?とても淋しそうに見えました」と言ってみました。
彼が言うには
「いつもハッピーなんだけど、心の中にあるものを開放してあげないと。それで涙が出た」と。
彼はフランス人でKLに住んでいるとのこと。
しばらく世間話をしオーガニックショップの話からだんだん話題の中心は「本当の幸せは自分の内にある」といった内容に・・・。
ごくごく自然に・・・。
日本の友人でも同じようなことを言ってくれた人が居たので、そんなことも話しながら
だんだん内容は深く?なっていき私の英語力と理解力も限界になってきた・・・。
彼は出すべきかどうしようか・・・と迷ったようではあったけど
おもむろにバックの中からパンフレットのようなものを出してきた。
宗教とは違うけど啓発活動の組織のような・・・。
 
メッセージの書かれた紙とウェブサイトのアドレスをくれました。
木曜日の夜にはイントロダクションの集いがあるから良かったらどうぞ・・・といわれたけど
まずはウェブサイトをチェックする・・・と言って、さよならを言いました。
 
なにかちょっと不思議な体験でした。
彼はそのパンフレットを出そうかかなり迷ったようだし
はじめから勧誘が目的ではなさそうだし、
第一、先に声を掛けたのは私!でした。
 
名前も知らないし、聞かれなかったし怪しいことはないと思います。
でも、感じなさいとか本当の深い愛や真の幸せは自分の内にあるとか、宇宙とのつながりとか
全部聞き取れて理解したわけではないけど
最近読んだ五木寛之の「気の発見」という本にも同じようなことが書いてあったし
なんだか、声を掛けてしまったことも、そんな話になってしまったことも
不思議な出来事、でした。
 
でも、へんなおじさんおばさんにヘンなところに連れて行かれないようにこれからも気をつけます。(笑)