日別アーカイブ: 2008年11月4日

履けなくなった靴のこと

 

DSC02113

コンドミニアムのエントランスに咲いていた花。木に咲いています。

 
今日は午後から雨が降りました。
バティックから帰ったあとすぐに激しい雷が鳴り出し
怯えてベッドに丸まったら(笑)、1時間もたってました。いやぁ、予定外でした!
 
金曜日の体操のとき運動靴を履きます。
こちらはジム用の靴という区別が無く、もちろん履き替える人もいますが
そのまま外も歩きます。
先週金曜日、なにかパタパタ音がするな・・・と思ったら、運動靴の底がはがれていました。
5年以上前にエアロビクスをやっていたときの靴で、
日本ではジムの中でしか使わなかったので見た目は真っ白できれい。
でも、3年間ぐらいは一度も使わずにほったらかしだったし、かなり劣化していました。
もったいないな・・・と思ってこちらに持って来て履いていたのですが・・・。
家に戻ったら、パタパタした底の1部が完全にはがれてどこかに行っちゃってました。
さすがにもうダメだな・・・と思ったものの、見た目はきれいなのですぐにゴミ箱に入れられないでいました。
でも、持っていても仕方ないし・・・と月曜日、おばちゃんが来る日、ペットボトルなどのごみを入れておく箱に入れておきました。
 
おばちゃんが帰りがけに「いらないの?もらっていいか?」と聞くので
いいけど、底が壊れているよ、と言いました。
おばちゃんは「大丈夫、大丈夫。隣りにインドネシアの子が来たから。小さい靴はなかなかないし、きっと喜ぶ」と。
 
これがアジアの現実です。
ちょっと複雑な気持ちです。
osimくんにこのことを話すと、
「だからといって、俺たちが履くか・・・というとそれとは違うことだよ。」と。
 
ま、難しいことは考えずに、捨てるにはもったいないほど見た目はきれいだったので
(あちこちボロボロでしたが)
誰かが使ってくれるのなら、良かったです。
・・・と言うことにしておこう。