日別アーカイブ: 2009年2月6日

中華正月あれこれ

今朝は青空が出て気持ちの良い朝でしたが、
今はまた今にも雨が降りそうなどんよりとした曇り空です。
でも、日がささない分、涼しいです。
29度でも、扇風機もまわしていません。
 
さて、昨日のイーサンのように、マレーシアには中華系の方も多いのでいろいろな習慣があり
「へぇ~」と思うこともしばしばです。
まず、中華系と一言で言っても「もともと中国から渡ってきた人」「マレーシアで生まれ育った中華系マレーシア人」
「シンガポール出身の中華系」・・・など、さまざまです。
話される言葉もいろいろな中国語で、習慣もいろいろあるようです。
でも、私なんかには皆同じ「中華系」と言うことになってしまいます。
 
中華正月は大きな行事。
赤と金がめでたい色で、正月にはみかん・ポンカンがかかせません。
たわわになった金柑の鉢植えはとても縁起がいいようで、
玄関に飾ってあるのを良く見かけます。
金→財・寶につうじるらしい。
パイナップルも黄色→金で縁起の良い果物。
紙で作ったパイナップルの飾りも良く見かけます。
お年玉のような「アンパオ」も赤か金色の袋に入れられます。
中身は必ず偶数。奇数は縁起がよくないようです。
4とか9も嫌うようで、エレベーターやフロアでは4や9を避けているところもあります。
縁起が悪いと言えば、中華系への贈り物に置時計やはさみは禁物とか。
時計に当たる言葉の音が、縁起の悪い言葉と音が同じ・・・という理由だそうです。
 
『アンパオ』はお年始に行くと、行った先で独身者に配られます。
大体、二十歳くらいまでらしいですが、独身だから・・・と貰うこともあります。
また、昨日のようにパーティー等で来た人みんなに配られることも。
そういえは昨日のアンパオも中身は2rmだったし、
渡された紙袋にはポンカンが2個入っていました。
チャイニーズ系のうちに来るおばちゃんには春節前に一か月分のボーナス(アンパオ)を
縁起のいい色の袋に入れて渡しました。
 
面白いなぁと思ったのは、新年のパーティで「長生麺」というヌードルを食べること。
日本の年越しそばのように、長い→長寿にあやかっているそうです。
昨日いただいた麺は葱も長いまま入っていました。
うどんじゃなくて「ネギ」です。長寿を祈って!体操のメイ先生といっしょに。
 

それからチャイニーズ系の皆さんは家族の時間をとても大事にします。
「家族揃って」と言うのがとても大切。
仕事も親戚つながりでやっている人も多いです。
いつもは静かなお隣もこのお正月にはたくさんお客さんが来ていたようでした。