日別アーカイブ: 2009年12月5日

上手にやり過ごそう

良かれと思ったことが、相手の負担になったり
そんなつもりではないのに、結果的にちょっと違って受け取られてしまったり
当たり前ですが、物事はなかなか上手い具合には行かないものです。
でも、「そんなつもり」ではなくても相手がそう受け取ったのならそれは「そう」なんだと思う。
だからもちろん、相手を責めることは出来ない。
それがわかっているから、逆にほんの少しの「もやもや」が自分の心に残ってしまう時がある。
「言わなければ良かった」「しなければ良かった」・・・自分を責めても何の解決にもならない。
ましては弁解しても傷が広がるばかり。
だったらどうする?
自分の中のもやもやや歯車の軋みを気にしないようにする。
すんでしまったこと、と受け止めてやり過ごす。
気にすれば「もやもや」や「歯車のずれ」はどんどん大きくなる。
そう思って、自分の中で出来事を咀嚼してごくんと飲み込んで喉元を通してしまおう・・・と。
時にはなかなか飲み込めない大きな物だったりするんだけど・・・ね。
 
小さなことから大きなことまで、やわらかいことから硬いことまで、
人と人の間にはちょっとばかり飲み込みにくいことがいっぱいあるんだろうな。
知らないうちに隣りの人が飲み込みやすくしてくれたり、
そっと横によけてくれたり、よけてあげたり・・・。
背中をさすってくれたり・・・。
今日はなんだか、そんなことを思いました。
 
今夜は1UTAMA SCでピアノの先生率いる子供たちがクリスマスコンサートを開くと言うので行って来ました。
クリスマスソングやポニョのうたなど、楽しい気分になりました。
可愛いサンタがいっぱいでした。

 
広告