日別アーカイブ: 2010年2月17日

Taman Negara (2日目)キャノピーウォーク他

タマンネガラ二日目はメインのジャングル歩きとキャノピーウォーク(つり橋)です。
通常は船着場からトレッキングをして、キャノピーウォークにいくのですが
ガイドさんからすごく混んでいるので先に船でつり橋まで行って先にキャノピーウォークをしたら?と提案がありそのようにしました。
だから朝一番で小船にのって約10分、らくちんでした。
しかも、そのときにほんの一瞬でしたが、鮮やかな色のキングフィッシャーが見れました。
「かわせみ」ですが、とにかく大きい!はとより大きいくらいで
図鑑では見ていましたが、本当にこんなに大きいんだ!とビックリしました。
 
キャノピーウォークウェイは全長約400メートル、高さは最も高いところで地上40メートルだそうです。
つり橋なのでもちろんユサユサ揺れます。10メートルずつくらい間隔をあけてわたっていきます。

木の上にいるような目線でジャングルや鳥が見れます・・・ということで双眼鏡も持っていったのですが、後から後から人が待っているし、揺れるし、とても双眼鏡を覗いている暇はありませんでした。

カメラを構えるのも大チャレンジ。中にはつり橋のスリルを物語るこんな写真も…↓

途中木の上の小屋のようなところで一息つけます。

キャノピーウォークの後は山歩き。歩きやすく整備されているところもありますが、ちょっとした遠足でアラフィフ4人はびっしょりになるほど汗をかきました。のぼりははぁはぁ、帰りは足がガクガク・・・でしたよ。

でも、ビューポイントからの眺めは最高!どこまでも、どこまでも続く原生林・・・。

トラなど動物もいるらしいのですが、あえなくて当然!と思いました。だってこんなにジャングルが続いているんだよ!自分たちが大汗かいてたどり着いたのもほんの端の端・・・、まだ玄関にも到達していないくらいです。

さて、トレッキングを終えてキャノピーに戻ってくると大勢の人が待っていました。ガイドによるとこの人たちはここで2,3時間待つだろう…と言ってました。先にキャノピーウォークをして大正解でした。

しかし、次の予定地も既に混み始めているとのこと、一度ホテルに帰ってランチと着替えをしました。(つづく・・・)