日別アーカイブ: 2010年5月17日

今日の通じない話。

先日、窓の取っ手が壊れてしまったのでマネージメントに行きました。
現物を見せて欲しいとの事だったので、買い物のあと部屋に来てもらうことにしました。
 
買い物から戻り、マネージメントのお兄ちゃんに声をかけ、来てもらいました。
一緒にエレベータに向かうと、なにやら工具を持った職人さん集団がいて
どこかのユニットで改装かな・・・と思っていたら、マネージメントのお兄ちゃんが
「なちゃラカンチャラ・・・グリーン」・・・と。
「green?」と聞くと、そうだというので私はてっきり周囲の植栽かと思い
「outside?around?」と返した。
するとお兄ちゃんは
「No,No、insaide!」
へぇ~、部屋の中にグリーンを!と感心しているとお兄ちゃんはまた「グリーン」とか言っている。
エレベータの中でも話は続き、何号室に行った時、すごくniceだったとか、何号室もやってる、見たいか?・・・とか。
どうやらその工事先は我が家の隣り、先日泥棒の災難にあったお宅のようだ。
へぇ、見てみたい。私の頭の中には雑誌に載っているようなグリーンいっぱいのおしゃれな家が・・・。
 
私は心の中でヘェ~流行ってんだ・・・と思いつつ
でも、この虫の多い国で部屋の中にそんなに本格的にグリーンなんか置いて手入れとか大丈夫なのかな・・・と思った。
そこで、その植物(グリーン)はレンタルなのかを聞いてみた。
お兄ちゃんは私の言ったことを聞きなおし、その後「no、owner」と。
いやいや家の持ち主じゃなくて、私が聞きたかったのはその植物はレンタルなのかってことよ!
で、再度「no、green・・・rental?うーん・・じゃぁ、それはnatural?」と日本語ちゃんぽんで訳のわからないことを聞いた。
彼は再びOWNER・・・と。
どうも話がかみ合わないな・・・と思っているうちに我が家の階に到着。
とりあえず私は家の中にすごく素敵に施されたグリーンが見てみたいと思い、「見たい!」といってひとまずその話は終わった。
 
我が家の窓の取っ手問題はあっさりすんで、数時間。
隣の家では、ずっと工事が続いている。
グリーンを施すにしては随分と時間がかかっているし
金属を叩いたり、バーナーで切ったりするような音も聞こえる。
どんな植物が来るのか・・・と2,3回覗いてみたけれど緑の気配はなく・・・。
なにやら大きな枠を作っている。
 
そこではた!と気がついた。
greenじゃなくて、「grille」!!
玄関ドアの中または外側につける「鉄の格子戸=grille」
 
そうか、そうだったのか・・・!
これで全部合点がいった。
それはinsideだし、となりは持ち家(owner)だし、泥棒に入られたばっかりだし・・・。
 
マネージメントのお兄ちゃんは「このオバはん何を言ってるんだ」と思っただろうなぁ・・・。
最初の「green」でちゃんと訂正してほしかったよ!
(でも、そういえば何回かグリー、グリー言ってたな・笑)
「グリーん」「グリーる」・・・日本英語vsマレー英語の戦い・・・。
 
しゃべるのも、聞くのもまだまだ、とんちんかん by kanaconnie
 
広告