日別アーカイブ: 2010年6月30日

ロティチャナイを作ってみよう!

サッカー、残念でしたねー。
でも、よく頑張った!拍手!
 
今日は『若妻会』のメンバーのお宅にお邪魔しました。
彼女が料理教室で習ってきた「ロティチャナイ」を作ろう!という趣旨です。
 
ロティチャナイはインド系の軽食。パンケーキのようなもので朝ごはんやおやつにも食べます。
お店で食べる時は100円しないくらいの手軽な食べ物。
カレーと一緒に運ばれてくることが多いです。
 
今日はそれを自分で作ろうというわけです。
種は彼女が前日に仕込んで用意してくれてありました。
小麦粉・塩・コンデンスミルク・水を混ぜたもの。とても簡単!とのことでした。
ぽにょん♪ととても柔らかです。
この種を平らなところで伸ばしていくのですが、
棒を使うのではなく手で引っ張りピザ生地のように廻して薄く延ばしていきます。
手で伸ばし・・・クルット廻してペタッと置く・・・四方から畳んで・・・くるっとひっくり返すとこのかたち・・・
伸ばしたものを畳んで、クルッとひっくり返すと↑こんな形になります。
これを少し平に押さえて、鉄板で焼きます。
これがベーシックロティです。
 
 
このバリエーションとして「ロティピサン」があります。
バナナ入りロティ。(ピサンはマレー語でバナナです。)
種を広げたところにバナナを入れて畳んで焼きます。
バナナをのせてたたんだら・・・ひっくり返さずに焼きます。
 
そんな風に作っているうち、チョコチップ入れたら?とか餡子もいけるかも!とあれこれ試し
そのうちにキルギスタン出身のひとりが自分の国に似たのがある!といって炒めた玉ねぎを入れたものを作ったり
(これがめちゃ美味しかった)
作っては試食・・・を繰り返し(笑)すっかりお腹はいっぱいです。
餡子入りもお焼きのようで美味でした。
生地を伸ばすときに油をいっぱい手につけるし、生地が何層にもなるように油を塗ったりするので
じつは案外オイリー。
でもいっぱい食べました。ごちそう様でした。
 
ロティを作っているとき、外で鳥の鳴き声がするので出てみると
ペンキを塗り替えていたおじさんが巣にいたヒナを保護したところでした。
多分くろちゃんの赤ちゃんだと思うのですが・・・。
爪は鋭いなぁ。