月別アーカイブ: 8月 2010

だって私は静岡人!

ずっとイギリス旅行の報告が続いているので、今日はちょっと休憩です。
 
私が今いるのはホームタウンの静岡です。
静岡と言えば・・・、静岡おでん?
小さいときからおやつ代わりに食べていたおでんです。
串にささっていて、お小遣いを握り締めて2本買いにいったものです。
 
昨日はosim君の旧友夫妻と静岡市葵区にある串幸さんへ。
おでんにフライ・・・、黒はんぺんを堪能しました。
ビールに梅酒の水割り、美味しくいただいちゃいました♪
 
食べるのに必死でピンボケですが、黒はんぺんのフライです。これが黒はんぺん。静岡ではんぺんと言えばこれ!
 
それからマレーシアではなかなか食べられない日本のラーメンも食べに行きました。
(ちゃーしゅーや武蔵、という店名だったと思う)
私はこの日「つけ麺デビュー」をしました。
でも、普通のラーメンのほうが好き!
辛みそチャーシュー麺つけ麺
 
歩かず食べる日々・・・危険です。
でも、おいしいんだもん!ご馳走様でした~♪
 
 
広告

EDINBURGH SCOTLAND

ダラムからまた列車に乗って2時間弱、スコットランドのエジンバラに着きました。
大きな駅で迎えの人がすぐに見つかるか心配でしたが、ちゃんと見つけることができました。
ジョージと奥さんのキャスリン。
ジョージは5月くらいまでosim君の同僚でした。
本当はすごく立派な人なんですが、いつも優しく紳士です。
私の拙い英語も一生懸命聞いてくれて、話すときもゆっくりはっきり・・・と気を使ってくれます。
タータンチェックの歴史やファミリーヒストリーの本を街のあちこちで売っていましたが、
そこにジョージの姓のヒストリーブックもありました。
家族の結婚式にはタータンのキルト(スカート)を着用するという本物のスコティッシュジェントルマンですが、
私たちにはスコットランド訛りのないわかりやすい英語で話してくれます。
 
 
エジンバラはちょうど「エジンバラフェスティバル」の真っ最中で世界各地から人が集まっていました。
また、この日はメインの「ミニタリータトゥー」というスコットランド軍楽隊のショーの日でさらに人がいっぱいでした。
街のあちこちでパフォーマンスが繰り広げられていました。
まさにお祭り!
でも、もう少し静かな「いつもの」エジンバラの街も見てみたいと思いました。
都市全体が世界遺産というエジンバラは中世の雰囲気をそのまま残したような街です。
どこでシャッターを切っても絵葉書のようです。
 
街の中心はエジンバラ城。
雰囲気も規模もダラムとは全く違います。
 
世界遺産でもあるこの街を2階建て観光バスで回りました。
もう一度歩いてゆっくり回ってみたいです。
 
ランチはエジンバラの市内からちょっと離れたニースと言う港町で・・・。
私はジョージに敬意を表して(?)もう一度フィッシュ&チップスに挑戦。
osim君は鹿のソーセージ、ジョージたちはスコットランドビーフのハンバーガー。
 
 
そこからジョージの車でハミルトンにあるジョージのお宅に伺いました。
スコットランドでの2晩はジョージのお宅でお世話になります。
この続きはまた明日。
あ~、エジンバラにはもう一度行きたいです!

LONDON→DURHAM

ウェンブリーをあとにしてロンドン市内に戻り、
コンヴェントガーデンやセントポール大聖堂などを見学。
多くの観光客でにぎわってました。
 
ロンドンで3日間過ごした後は列車に乗ってダラムという街へ移動。
キングスクロス駅から北へ列車で3時間ほど。
 
列車は普通車でしたが、席を指定できるのでゆったり座って窓の外の景色を楽しみました。
住宅街も裏庭があって木が植えてあったり、子供の遊び道具が置いてあったり
そこに住む人の暮らしを想像したりして、窓から目が離せませんでした。
郊外に来ると、まるで絵本のようになだらかな丘にぽつんと家が立っていたり
馬がのんびり草を食んでいたり・・・。
線路脇にはきれいな紫やピンクの花が咲いていて
もう、小さな子供のように窓に顔をくっつけっぱなしでした。
 
ダラムは古城と大聖堂のある街。
昔は炭鉱で栄えた街だそうですが、今は静かな大学都市となっています。
大聖堂ではちょうど音楽礼拝が行われていて
聖堂に響くオルガンと聖歌隊の歌声を聴くことができました。
鳥肌が立つような感動を覚えました。
鐘の音も素敵でしたよ。
 
お城の一部はなんと学生の寮に使われているそうです。
時間が合わず中を見学することはできなかったのですが、お城に住むなんてすごいです。
観光ポイントは歩いて回れる範囲に固まっていて
美しい、雰囲気の良い街でした。
 
ここを案内してくれたのはこの街の大学で仕事をしていたウナ。
彼女は韓国の人ですが英語も日本語もしゃべれておまけに人柄もよく素敵な女性です。
ちょうど遊びにいらしていた彼女のご両親にも会うことができました。
お昼にはお母様とウナの手作りの韓国料理をご馳走になりました。
ロンドンでヘビーな食事が続いていたので、うれしかったです。
しかもすごくおいしかったです!ごちそうさまでした。
 
ダラムに一泊して翌朝、スコットランドに移動。
まだまだ、旅の報告は続きます。

WEMBLEY

行ってきますのただいま・・・で、昨日日本に戻ってきました。
暑い!KLより暑い!(笑)
飛行機から富士山がきれいに見えました。
 
 
時差ぼけの後の深夜便・・・で、昨日は一日なんとなくボーっとしてました。
今日も道が混みだす前に・・・と7時前に東京を出発したので半分ボーっとしてます。
(ボーっとしてるのはいつものこと・・・?笑)
 
さて、UKツアー報告、今日はちょっと市内から出てウェンブリースタジアムへ・・・。
ロンドン市内から地下鉄で30分弱、ウェンブリーパークに着くと
大きなスタジアムの屋根が目に付きます。
 
ウェンブリースタジアムはイングランドの「国立競技場」的存在のサッカー場。
そしてここにはイングランドのサッカー協会「THE FA」があります。
イギリスの4つの地域・ウェールズ・スコットランド・アイルランド・イングランドにはそれぞれサッカー協会がありますが
ここイングランドのサッカー協会だけが「イングランドサッカー協会」ではなく
「THE FA」と呼ばれます。
たぶん世界的にもFAと言えばイングランドのサッカー協会のことで
たとえば日本サッカー協会はJFA(Japan Football Asociation)やJapanFAといわれます。
 
osim君の知り合い、イアンさんにFAのオフィスを案内してもらいました。
いくつものチェックを通り抜けて、長い廊下を進みます。
スタジアムの円形に配されたオフィスは迷子になりそうで
離れた部署に行くときには8分も歩くんだそうですよ。
おかげでイアンさんはこの新しいオフィスに移ってから6キロも痩せたそうです!
 
さすがにオフィスで写真は撮れませんでしたが、
その後「スタジアムツアー」に参加しました。
ピッチレベルから見る客席や選手の使うロッカールームなど見せてもらえました。
ロッカールームのシャワー室には仕切りもないバスタブが3つ並んでいるところがありました。
ちょっと珍しい。
観客席とピッチが近い!記者会見場。芝の長さはこのくらい左側にもうひとつ。カーテンもないなんて、くつろげない(笑)
 
 
さて、次はロンドンを離れ美しい古城の街、ダラムに向かいました。
この報告はまた明日。
(しばらくUK報告続きます・・・)

LONDON市内②

ピカデリーサーカスでは高級ショップ街を散策。
「不幸中の幸い」と言うか、「幸い中の不幸」というかちょうどこの日は日曜日でお店は全部閉まってました。(笑)
でもね、開いていてもお店の中に入ることはなかったと思います。
やっぱり、アジアの中年夫婦がリュックサックに斜め掛けバック姿では入れないような雰囲気です。
・・・で、身の丈にあった買い物が肝心!と寒さに耐えかねたosim君と「ユニクロ」に行ってセーターを買いました。
(何でイギリスまで行ってわざわざユニクロか・笑)
旧知の3人組み?さりげなくおじさんの手を握る小悪魔こに~。(笑)
 
このあたりでもう相当歩いているはずですが、更に大英博物館まで歩く!
大英博物館ではエジプト・ギリシャ関連の展示を見ました。
なんだかたくさんありすぎたのと歩きつかれたので頭がボーっとしてきました。
ナンと入場無料!(所々に寄付のお願い箱がある)モノよっては写真撮影もOKです。
 
さすがに疲れてきたので地下鉄の乗ってウォータールー駅まで、そこからまたサウスバンクを歩きました。
人気のなかった朝とは違って、あちこちでパフォーマンスをしていたりとても賑やか!
お祭りのようでした。
 
そこからシェークスピア劇で有名なグローブ座の横を通り、
ハニーロースとピーナツなどかじりつつ・・・
 
近くのパブでイギリス人の大好きな「フィッシュandチップス」をいただきました。
大き~い!!とても一人では食べきれない大きさです!
仕方ないので箱を貰って半分お持ち帰り。
ホテルに戻ったら、バタンキューでした。
ドーーーン!魚嫌いのosim君は「本日のソーセージ」

LONDON 市内①

昨日のKLの夕焼けです。やっぱりKLの夕日はきれいです。
時差ぼけも昨夜から今朝まで10時間(!)寝て、今はスッキリです。
 
今回のUK旅行はosim君の知人を訪ねる全くの個人旅行でした。
14日午前10時にKLを出発してから23日UK時間の正午ロンドンを出発するまで(KL到着は24日の朝)
やく10日間でロンドン・ダラム・スコットランド(エジンバラ・グラスゴー)・マンチェスター・ブリストルを回りました。
 
ロンドンには到着した日(夕方)も含めて3日間。
オイスターカードと言う地下鉄のプリペイドカードを駆使して(?)ロンドン中を動き回りました。
3日間の総歩数は50000歩あまり。特に初めの2日間で30000歩以上歩きました。
15km!?すごい!
 
ロンドン初ショット
 
なんでもない小学校も映画を観ているような・・・。ロンドンタワーブリッジ。この近くのリーズナブルホテルに宿泊。こんな街角にもため息が出ます。
 
翌日は日曜日。人通りの少ないテムズ河沿いの道はコートを着たいほどの寒さ。
ロンドン滞在中厚手のパーカーが手放せませんでした。
サウスバンクをロンドン橋まで歩き、ビックベン・ウェストミンスター寺院を外から見学、
バッキンガム宮殿に続くセントジェームス公園を歩き、宮殿前の広場では騎馬隊の列に運よく遭遇。
どこにもきれいな花壇がいっぱい・・・。
リスはとても人懐こい。
 
その後、ピカデリーサーカス~大英博物館とロンドン道中は続きました。
この報告はまた明日・・・。
 

機内食!

 
ただ今戻りました~♪
14日~今日まで約10日間のお出かけでした。
行き先はUK!
 
今、荷を解いて洗濯機を廻しているところです。やれやれ・・・。
まだ頭がボーっとしていますが、とりあえず帰宅報告です。
 
撮った写真総数645枚!
(もちろん訳のわからない写真も多数・笑)
まずは行き帰り12時間ずつのフライト中の機内食から・・・。
(完全におのぼりさんモードです)

このほかにマレーシアンサテ。完全に食べすぎだと思います。
それなのに、降りる前にもう一回・・・。
 
帰りも2回の食事と小さなケーキとおやつセット(クラッカー・チーズ・クッキー・チョコレート・ピーナツ)。
 
ちょっと豪華な行きの食事より、量も食べやすさも帰りのほうがすきです。(笑)
(マレーシア航空KL⇔LONDON便・往路はチケットをアップグレード!)
時差があるので頑張って寝ようと思ったのですが、なかなか眠れないですよね~。
 
あ!でもね、こんなに食べたのに、体重300gくらい増えていただけでした。ほっ♪
続きはまた明日。