日別アーカイブ: 2010年8月31日

だって私は静岡人!

ずっとイギリス旅行の報告が続いているので、今日はちょっと休憩です。
 
私が今いるのはホームタウンの静岡です。
静岡と言えば・・・、静岡おでん?
小さいときからおやつ代わりに食べていたおでんです。
串にささっていて、お小遣いを握り締めて2本買いにいったものです。
 
昨日はosim君の旧友夫妻と静岡市葵区にある串幸さんへ。
おでんにフライ・・・、黒はんぺんを堪能しました。
ビールに梅酒の水割り、美味しくいただいちゃいました♪
 
食べるのに必死でピンボケですが、黒はんぺんのフライです。これが黒はんぺん。静岡ではんぺんと言えばこれ!
 
それからマレーシアではなかなか食べられない日本のラーメンも食べに行きました。
(ちゃーしゅーや武蔵、という店名だったと思う)
私はこの日「つけ麺デビュー」をしました。
でも、普通のラーメンのほうが好き!
辛みそチャーシュー麺つけ麺
 
歩かず食べる日々・・・危険です。
でも、おいしいんだもん!ご馳走様でした~♪
 
 
広告

EDINBURGH SCOTLAND

ダラムからまた列車に乗って2時間弱、スコットランドのエジンバラに着きました。
大きな駅で迎えの人がすぐに見つかるか心配でしたが、ちゃんと見つけることができました。
ジョージと奥さんのキャスリン。
ジョージは5月くらいまでosim君の同僚でした。
本当はすごく立派な人なんですが、いつも優しく紳士です。
私の拙い英語も一生懸命聞いてくれて、話すときもゆっくりはっきり・・・と気を使ってくれます。
タータンチェックの歴史やファミリーヒストリーの本を街のあちこちで売っていましたが、
そこにジョージの姓のヒストリーブックもありました。
家族の結婚式にはタータンのキルト(スカート)を着用するという本物のスコティッシュジェントルマンですが、
私たちにはスコットランド訛りのないわかりやすい英語で話してくれます。
 
 
エジンバラはちょうど「エジンバラフェスティバル」の真っ最中で世界各地から人が集まっていました。
また、この日はメインの「ミニタリータトゥー」というスコットランド軍楽隊のショーの日でさらに人がいっぱいでした。
街のあちこちでパフォーマンスが繰り広げられていました。
まさにお祭り!
でも、もう少し静かな「いつもの」エジンバラの街も見てみたいと思いました。
都市全体が世界遺産というエジンバラは中世の雰囲気をそのまま残したような街です。
どこでシャッターを切っても絵葉書のようです。
 
街の中心はエジンバラ城。
雰囲気も規模もダラムとは全く違います。
 
世界遺産でもあるこの街を2階建て観光バスで回りました。
もう一度歩いてゆっくり回ってみたいです。
 
ランチはエジンバラの市内からちょっと離れたニースと言う港町で・・・。
私はジョージに敬意を表して(?)もう一度フィッシュ&チップスに挑戦。
osim君は鹿のソーセージ、ジョージたちはスコットランドビーフのハンバーガー。
 
 
そこからジョージの車でハミルトンにあるジョージのお宅に伺いました。
スコットランドでの2晩はジョージのお宅でお世話になります。
この続きはまた明日。
あ~、エジンバラにはもう一度行きたいです!